誰かと話すという事

アヤさんです。

4月も気が付くと半分すぎましたね。
日付や曜日の感覚があいまいになって長らく立ちます。
いつもあっていた人とは会えなくなり、かわって家族で過ごす時間が長くなりましたね。
それはそれで、楽しい。
家族で夕食後お笑い番組を見ながら大笑いしていて、その時に「お茶飲みたい人ー」ってだれかが声をかけてくれ、お茶を飲んでいることがたぶん、この家族になって初めてくらいの出来事で、驚愕しつつ、楽しんでいます。
今まではごはんを食べた後も、宿題をせかしたり、お風呂の順番待ちだったり、大きい子たちは自分の部屋で何やらごそごそしていたり、私は前日の準備やなんやかんやで、みんなにやることが待っていて、ゆっくり食卓に戻ってお茶を飲むなんてゆとりはなかった。
怪我の功名ってこういう事?と思いながら、その時間を楽しんでいます。

…とはいえ、
ご多分に漏れず私だって、3色ご飯を作るのはめんどくさいし、子供にイラっともするし、オットに対してだって、もやもやすることがないわけではありません。っていうか、あります(笑)

そんな時に、家族じゃない人と一瞬でも話すことで、そして、笑いあうことで、救われることがたくさんたくさんあります。

サボールでのお惣菜を作り始めて、みなさん、ピュッと買ってさっと帰っていくのですが、この短時間で顔つきというか顔色が変わります。
なんでかなって思うのですが、それは家族ではない誰かとのちょっとしたふれあいの時間がそうさせるんじゃないかなと私は思います。
人は多かれ少なかれ他人から関心を持たれたい、良く思われたいと思って社会生活を送っていると思います。他者とのかかわりが極端に減り、そして、誰もが答えのない問いの中で生活しないといけない今、ちょっとした他者とのかかわりが、心を満たし、それによって、心が軽くなるんじゃないかなと、そう思うのです。

サボールは遠いわって方もいらっしゃるでしょう。
火曜日と木曜日しか開いていないので、その日程だとむつかしいんだよなって方もいらっしゃるでしょう。
そんな時はぜひ、メッセージでもコメントでも残してみてください。(電話してっていう勇気はなくてごめん(笑))
対面とは程遠いかもしれないけれど、でも、ちょっとだけ気は晴れるかもしれない。
あなたの方法で扉を開けてみてね。








原っぱ大学サボール

日常にヒマを、余白を サボールを!

0コメント

  • 1000 / 1000