楽しみながらできることを

今週もみんなの笑い声で部屋が明るくなるサボールでした。


火曜日に「はかりり売りをやってみよう!のお茶会」がありました。


すでに、お惣菜のはかり売りをやっているサボールですが、今回のはかり売りは日常の生活の中にあって必要な調味料や洗剤などを考えています。


調味料や洗剤などは、私たちとは切っても切れない生活用品。共同購入することで、輸送の時に発生するco2を削減したり、容器のプラスチックを減らす一助になれたらいいなぁと思っているのですよね。


これからどうやっていくかをまずはキックオフミーティングだったのですが、参加者の皆さんの熱い思いで白熱する話し合い。

参加してくださった方たちは、なにか、自分にできる最初の一歩を踏み出したい!と意見がバシバシ!思いが同じ人が近くにいると勢いが付くっていうか、自分のやる気が増すっていうか、とにかく、前に進む力が強くなるような気がします。

私は生活の基盤は台所にある、と思っていて、
それは、体に取り入れること、ものからすべてが始まると思っているから。

そして、それは、社会へ世界へとつながっていくとも思っている。

すべての入り口、そして、出口でもある。

そこから考える、環境へのアプローチ。

単位は小さいのかもしれないけれど、小さくとも自分ができることを考え、歩んでいくことが世の中を変えていく一歩だと思うのです。


あ、だからと言って、便利を否定するつもりもなく、忙し族の私たち、頼れるものには頼っていこう。その中の選択肢の一つでもありたい、とも思うのですよね。


さてさて、今後どうなっていくのか、私も楽しみ!

進捗も含めて、こちらでも、ご案内していきますね。








原っぱ大学サボール

日常にヒマを、余白を サボールを!

0コメント

  • 1000 / 1000