選ぶ時間、選ばない時間


16日にあった、アフリカンファブリックを使った小物作りワークショップ。
じっくり布を選ぶ姿が印象的でした。あれもいいな、これもいいな

私の好きを発掘、発見する時間。

自分の好きを選ぶのがどんなに贅沢なのかということを考えます。

忙しい日常のなかで、私たちは大きなことから小さなことまで選択と決断を迫られています。しかも、自分のことではなかったり、どっちでもいいけど、どっちかにしないといけなかったり、はたまた、朝起きて何を着るか…まで。

日常の中の大きな決断から小さな決断まで、それは結構なストレスになるそうで、かのステーブ・ジョブズはそのストレスを少しでも減らすために、毎日着る服を制服のように決めていたのだとか。


とはいえ、自分が好きなもので好きなことをする時間の

「どうしようかな?」「えー迷っちゃーう」って、そんな時間が自分に与えられていることも含めて幸せだなぁと思うのです。
そして、私はそんなみなさんの「えー迷っちゃーう」の時間の一部をサボールが作れて幸せだなってしみじみ。

そして、参加者さんの作品のクオリティを見て、「あーいい時間❤️」とさらに幸せに思うのです。

サボールではこんな風にワークショップもやっていますが、何にもしない時間も大好物&大歓迎(アヤさん、いつも忙しそうで何にもしてない時がないじゃん!と言われますけどねw)いつもの役割をちょっと離れて、ぼーっとしたり、おしゃべりしてサボールな時間を楽しんでね。

来週も待ってます。





原っぱ大学サボール

日常にヒマを、余白を サボールを!

0コメント

  • 1000 / 1000